高等学校のあり方について

現在の高等学校学校教員(最高学府の教員・講師、准教授、教授を除く)に関してであるが、多くは高校の大学進学率を上げる為、多くの学校ではカリキュラムに沿った物ではなく、大学受験の勉強に沿ったものではなく「大学受験に特化した」カリキュラムを組んでいる高等学校が多いと聞く。
友人にも教員がいるのだが、学校の方針でそうせざるを得なく、先述の様な事があると聞く。
学校経営上、高等学校は少しでも有名大学への進学者数を増やし、大学への進学率を上げたいという気持ちも分かります。
しかし、本来、大学は高校の延長にあるものではなく(それまで積み重ねた学習が基礎となるのは認めるが)、研究機関です。
今日、多くの高校生(高卒認定も含む)は大学に進学するので有名大学に進ませ、有名大学の進学率を高める事も分かるのだが、それ以前に少しもで生徒に対し、色々な教科や職業等に興味や視野を拡げる事が大切です。
世の中には色々な職業があり、それらを少しでも伝え、少しでも生徒の将来の可能性を拡げるべきです。
それによって、大学の特定の学部に入ってから違う学部にすれば良かったと後悔を極力減らす事ができるはずです。
中々このような試みは難しいかもしれませんが、本当に生徒の事を思うならば直ぐに実現できなくても試行錯誤するべきです。